お眼鏡拝見(Rusty Nail K-10030)

メガネはフレーム選んでレンズ選んでから、加工してフィッティングしてといった具合に人の手が入って初めて使い易い状態になります。

イメージ湧きづらい事も多いかもしれないので、実際にお客様にお作りしたメガネを「お眼鏡拝見」と題して見ていきましょう。

眼鏡選びや眼鏡を作る際に少しでも皆様の参考になれば幸いです。

ヨーロッパや日本の眼鏡を色々とおかけになってきたお客様が次にお選びになったのはRusty Nail K-10030

遠近両用をセッティングにて新調です。

Rusty Nail K-10030

この玉型シェイプ、ハマると凄くいい雰囲気出るんです。そして、コスパも良いRusty Nail

天地狭目が主流だった頃、かけたいフレームに遠近が入れられず泣いてきた方々も今の流れは色々選べて楽しいです。

レンズは紫外線だけでなくHEV(高エネルギー可視光線)カット。お選びになる方が非常に多いです。

上の表の更に左が目に見えない有害な紫外線です。

HEVとはパソコンのディスプレイなどのデジタル機器にも多く含まれている380nm~530nm高エネルギー可視光線の事を言います。

加齢黄斑変性の原因の一つとしても考えられています。

自然なグリーン反射コート色で人気です。

サンプルご用意しておりますので店頭でご覧いただけます。

後日、調子良いよ!とのご報告も頂きました。ありがとうございます。