RARTS越しの景色。全12色お見せします。

偏光レンズ「RARTS」のサンプルを持ち出し撮影に行ってきました。

感性を刺激する、アーティスティックレンズ「RARTS」って実際どんな見え方?って所を今日は掘っていきます。

写真は全てシャッタースピード、f値固定、加工なし、トリミング少々、です。

目指すはご近所、水元公園まで車を走らせます。

早速わざとらしくダッシュボードに置いてある紙っペラの映り込みが鬱陶しいです。

RARTSアーツ

RARTS越しで見ると

RARTSアーツ

スッキリです。

RARTSが乱反射を防いだ瞬間です。

到着すると豪快な根っこが目に入ったので撮ってみました。

まずは裸眼

RARTSアーツ

そしてRARTS越し

RARTSアーツ

裸眼だと枝の映り込みが鬱陶しかったり、水面の反射で根の様子が分かりづらいのに対し、RARTSはしっかり見逃しません。

ちなみにこれはエクスプローラーというカラーを使用しました。今回の撮影ロケーションでは万能なカラーに感じました。

と、ここで重大な事に気付きました。

ここまでISO感度がオートになっていました。すみません。

気を取り直して、ここからはシャッタースピード、f値、ISO感度、全て固定、もちろんノー加工、ノーギミック、ノー小細工で全12色越しの景色です。

スライドバーを左右にスライドさせながら見てください。

緑、土のコントラスト、水面の反射や映り込みなど意識してチェックしてください。

左にスライドでカラー、右にスライドで裸眼です。

エクスプローラー
エクスプローラー
偏光効率99% 視感透過率31%

裸眼エクスプローラー

スプルースグリーン
スプルースグリーン
偏光効率99% 視感透過率36%

裸眼スプルースグリーン

ハバナ
ハバナ
偏光効率99% 視感透過率11%

裸眼ハバナ

カーマインコパー
カーマインコパー
偏光効率99% 視感透過率26%

裸眼カーマインコパー

スティングレイ
スティングレイ
偏光効率76% 視感透過率47%

裸眼

アンバーブラウン
アンバーブラウン
偏光効率99% 視感透過率28%

裸眼

グラファイトグレー
グラファイトグレー
偏光効率99% 視感透過率27%

裸眼グラファイトグレー

トリードベンド
トリードベンド
偏光効率76% 視感透過率45%

裸眼

フォレストグリーン
フォレストグリーン
偏光効率99% 視感透過率17%

裸眼フォレストグリーン

ラグナブルー
ラグナブルー
偏光効率99% 視感透過率27%

裸眼ラグナブルー

ロスカボス
ロスカボス
偏光効率99% 視感透過率11%

裸眼ロスカボス

マゼランブルー
マゼランブルー
偏光効率99% 視感透過率23%

裸眼マゼランブルー

カメラのセッティングがいまいちだったかもしれませんが、何となく空気感は伝わりましたか?

カラーの特徴はさまざまですが、全てにおいて雑光がシャットアウトされた、やさしい光がお伝え出来ていれば幸いです。

偏光レンズ=釣り。だけではなく、RARTSには普段使いにバッチリと感じるカラーもございます。

コーティングもタフなの揃っていて色々選べます。機能的観点、見た目的観点、しっかりアドバイスさせていただきます。

度なしでも、よりクッキリ。これはいよいよ試さない理由が見つからなくなってきました。

是非、素晴らしい体験をRARTSで!

偏光レンズRARTSアーツ

RARTS越しの水元公園は美しかったです。

オマケ

水元公園

水元公園 RARTS水元公園